みょうがの甘酢づけ

梅酢に含まれるクエン酸が夏に疲れた体の疲労回復を助けてくれます。みょうがの香りは食欲を増進させると言われています。夏バテの体におすすめです。 お盆前の夏バテ対策レシピ特集♪

調理時間20分

材料(作りやすい量)

みょうが
200g(熱湯にさっとくぐらせてざるにあげる。)
梅酢
100cc(塩辛い場合は、量を減らして水適量を足す)
米飴
大さじ4~(好みの甘さになるように調節する)

作り方

  1. 密閉できる容器に梅酢、米飴を入れて、ゴムベラなどで混ぜて溶かす。
  2. みょうがを入れて、漬けてから3日で食べられます。

作り手からのコメント

梅酢はメーカーによって、塩分が異なるので、塩分が強い場合は、梅酢を減らして、水を足して調節しましょう。米飴の他に、甜菜糖やメープルシロップを入れても作ることができます。冷奴の薬味として、混ぜご飯やちらし寿司のアクセントとしても美味しいです。
渡邉 幸子
プロフィールを見る

このレシピのオススメ食材

※こちらに表示されている商品は、あくまで一例となります。
用法・分量は商品によって異なる場合がございます。