かぼちゃのニョッキ 豆乳クリームソース
かぼちゃのニョッキ 豆乳クリームソース
かぼちゃのニョッキ 豆乳クリームソース
かぼちゃのニョッキ 豆乳クリームソース

かぼちゃのニョッキ 豆乳クリームソース

かぼちゃと豆乳のやさしい味わいがホームパーティーでも大活躍

調理時間40分

材料(2人前)

かぼちゃ
350g
強力粉
75g
○【豆乳クリームソース】 菜種油
大さじ2
(または)
○【豆乳クリームソース】 オリーブオイル
大さじ2
○【豆乳クリームソース】 地粉
大さじ2
(または)
○【豆乳クリームソース】 薄力粉
大さじ2
○【豆乳クリームソース】 玉ねぎ
100g
○【豆乳クリームソース】 豆乳
300cc
○【豆乳クリームソース】 白味噌
20g
○【豆乳クリームソース】 塩
小さじ1
○【豆乳クリームソース】 ローズマリー
各小さじ1/4(などのハーブ)
○【豆乳クリームソース】 タイム
各小さじ1/4(などのハーブ)
そら豆
60g(さや付きであれば250g)
イタリアンパセリ
適量(飾り)

作り方

  1. ニョッキを作る。かぼちゃは皮ごと沸騰した蒸し器に入れ、15分ほどやわらかくなるまで蒸す。
  2. 皮を除き、大きめのボールに移して、熱いうちにマッシャーで潰す。
  3. 強力粉を加え、練らずにひとまとめにする。そのときフォークで混ぜるとやりやすい。まとまったら4つに切り分け、棒状に伸ばした後、一口サイズに切る。形を整え、ソースをからめやすくするために、フォークで模様をつける。
  4. ニョッキを茹でるお湯を沸かしている間に、クリームソースを作る。フライパンになたね油・薄力粉・ハーブ類を入れてよく炒める(焦げやすいので注意する)。玉ねぎを加え、分量内の塩を加えながら甘さが出るまでさらによく炒める。豆乳を加えて、かき混ぜながら火にかける(焦げやすいので注意)。白味噌を加え、さらに2、3分火にかける。この状態で半分量を別の器に入れ、残りをクリームソースとして使う。濃度はパスタの茹で汁などで調整する。
  5. お湯が沸いたら、そら豆を茹で、その後ニョッキを茹でる(ニョッキは浮いて来たらOK)。ニョッキと皮をむいたそら豆を④のソースと絡める。

作り手からのコメント

豆乳クリームソースの半量はココットで作る簡単ドリアでアレンジをします。
手嶋 早苗
プロフィールを見る

このレシピのオススメ食材

※こちらに表示されている商品は、あくまで一例となります。
用法・分量は商品によって異なる場合がございます。