「発芽のちから」で作った豆乳ヨーグルト
「発芽のちから」で作った豆乳ヨーグルト
「発芽のちから」で作った豆乳ヨーグルト
「発芽のちから」で作った豆乳ヨーグルト

「発芽のちから」で作った豆乳ヨーグルト

「発芽のちから」で作った発芽玄米が出来上がった時の浸し水を使った豆乳ヨーグルトです。発酵した風味や舌触りは通常のヨーグルトのような食感です!植物性乳酸菌と豆乳のイソフラボンがたっぷり。

調理時間5分

材料(1パック分)

豆乳なのに ほぼ、豆腐
1パック(180g)
発芽玄米が出来上がった時の浸し水
大さじ1
有機レモン果汁
適宜(お好みで)
フルーツスプレッド
適宜(アプリコット)
フルーツスプレッド チェリー
適宜

作り方

  1. 豆乳なのにほぼ、豆腐の中に直接浸し水を入れる。テープなどで口を軽く止め「発芽のちから」の中容器に入れる。
  2. 「発芽のちから」本体の中に入れ外蓋をし電源を入れる。
  3. 約6~8時間でヨーグルト程度の固さになり出来上がり。お好みでレモン汁を少量加える。
  4. お好みのフルーツスプレッドをのせていただく。

作り手からのコメント

無農薬で作った新鮮な浸し水を使用下さい。中容器や他の容器に豆乳を入れて作る場合は容器を煮沸してください。無調整豆乳で作りますが「豆乳なのにほぼ、豆腐」がとてもおいしくできます。調整豆乳では作れません。3~4日以内に食べ切ってください。
種子田 枝里
プロフィールを見る

このレシピのオススメ食材

※こちらに表示されている商品は、あくまで一例となります。
用法・分量は商品によって異なる場合がございます。